本文へスキップ

ヨガの総合情報サイト。ヨガの種類、歴史、ダイエット、呼吸法、効果、ヨガスタジオ体験談など。

ヨガの総合情報サイトです。
   ヨガダイエットやヨガの勉強、イベント情報など。
  ヨガスタジオやヨガスクールの体験談も掲載。

ヨガの種類kind

その他の様々なヨガA

ビクラムヨガ
→ビクラム・チョードリー氏が考案したヨガ。室温40℃ほどて湿度55%の環境で、26種類の決められたポーズを続けて行う。柔軟性が高まり、発汗効果も高い。

ビンサヤヨガ
→呼吸と動作を連動し、流れるようにポーズを行う。太陽礼拝もビンサヤスタイルにあたる。

ジヴァムクティヨガ
→ニューヨークを代表するヨガ。ヨガの精神的な面を重視する、ハリウッドセレブ御用達のヨガ。

ヨギックアーツ
→マドンナを指導した経験もあるダンカン・ウォン氏が考案したヨガ。アシュタンガヨガをベースにマーシャルアーツやタイ式マッサージの要素を組みこんだものである。

リストラティブヨガ
→アメリカの医学博士ジュディー・レスター氏によって考案されたヨガで、ヨガ用のクッション、毛布、ベルト等を使用し、無理のない姿勢でゆっくりとポーズをとる事により、緊張の緩和、活力の回復へ導く。

ジュニヤーナヨガ
→現実の知識ではなく、現実の生命の下にある真の知識を身につけようとするヨガ。

カーマヨガ
→性愛を学問として論じた『カーマスートラ』に基づいて、性瞑冥想をするヨガ。

真言ヨーガ
→番場一雄氏が体系を立てたヨーガで、背骨を中心とした五つの体位を、呼吸法とともに実践する。これは、受胎から1歳児に至る発育の軌跡をたどるものである。

雄弘ヨーガ
→佐保田鶴治氏より馬場一雄氏に授けられたyoginの称号で、『ヨーガの教えを雄大に弘めよ』の意味である。呼吸法と教典読誦等を重視している。

ニーマルヨガ
→ニーマル・ギャワリ氏がアレンジしたヨガ。インドの伝承医学のアーユルヴェーダのドクターとしても活躍するニーマル氏は、ヨガ本来の健康美増進や予防医学等の効能をクラスに中で伝えながら、呼吸法やポーズを教える。
                                                        ヨガの知識 一覧へ戻る

Shanti とはヨガ シャンティ

このホームページのタイトルである
ヨガシャンティの「Shanti」とは
インドのサンスクリット語で平和や祈りを表す言葉です。