本文へスキップ

ヨガの総合情報サイト。ヨガの種類、歴史、ダイエット、呼吸法、効果、ヨガスタジオ体験談など。

ヨガの総合情報サイトです。
   ヨガダイエットやヨガの勉強、イベント情報など。
  ヨガスタジオやヨガスクールの体験談も掲載。

ヨガの歴史history

ヨガの歴史(2)

ヨガ(統合)の定義からも読み取れるように、当時のヨガはエクササイズ的なものではなく、五感や意識を高める事、瞑想を意味していた。
つまり、ヨガは健康を作るためだけてはなく、精神のより深い目覚めと安らぎを目指している事が、一般的な健康法と大きく異なっている。
しかしながら、心をコントロールし、集中を図ろうとする事は大変難しく、高度過ぎる事だと気付き始めるのである。
その後、紀元前600年?紀元前500年頃になると、それまで栄えていたバラモン教が衰退し、瞑想や仏教が栄える時代が訪れます。

そして、今までの瞑想中心のヨガの発展に限界が生じてきたこともあり、複数の流派に分かれていったと言われている。
紀元前200年以降、パタンジャリという聖者が紀元前から受け継いできたヨガについての記述を始め、2?4世紀かけてヨガを行う上での8段階の行法を説明したヨガ・スートラが完成された。
この頃からヨガは分化発展して、さらに多くの流派に分かれていく。
その中でも、ハタ・ヨガは身体の修練を中心とする行法で、呼吸法と体操を中心的な要素として現在も世界中に広まっている。
この流派の生まれた背景には、瞑想の修行に励む道士たちの健康回復と健康確保を図ろうと、インド医学だけではなく、一般民衆のあいだに呪法のかたちで太古から伝わっていた知恵も生かされていた。
道士は、健康法として開発したハタ・ヨガの技法を修練していくうちに、それが体の健康だけでなく、心にも変化があらわれ、行法の本命である瞑想の修練にも大きな効果を発揮することに気付き、広がっていったと言われている。
                                                        ヨガの知識 一覧へ戻る

Shanti とはヨガ シャンティ

このホームページのタイトルである
ヨガシャンティの「Shanti」とは
インドのサンスクリット語で平和や祈りを表す言葉です。