本文へスキップ

ヨガの総合情報サイト。ヨガの種類、歴史、ダイエット、呼吸法、効果、ヨガスタジオ体験談など。

ヨガの総合情報サイトです。
   ヨガダイエットやヨガの勉強、イベント情報など。
  ヨガスタジオやヨガスクールの体験談も掲載。

ヨガの体験談yoga experience

ヨガフェスタ2011レッスン体験レポート

中島正明先生の『チベット・ハート・ヨーガシリーズ5・グルヨーガ』受けてきました。

中島先生のレッスンもチベット・ヨーガも初めてだったので、わくわくドキドキしながら、会場に入りました。
参加者は、100名位。

シリーズ1?8まであるそうですが、1?4とばして、いきなり5という、少々不安な面は、ありましたがf^_^;)何かつかめればと思い、筆記用具持参。

初めに、座学でお話して下さいました。
ヨーガは哲学になるので、なかなか深い〜話になります。
頭で理解し、実体験で心で理解し、日常生活に活かしていく。なかなか、難しいですけどね。

さて、レッスン内容です。
グルヨーガとは、グル⇒先生という意味。サンスクリット語で、グ⇒闇。ル⇒光。という意味が、あるそうです。

テーマは、離欲!
やる事をやって、欲を求めず、ゆだねる!

面白い実験をいくつか紹介して下さいました。

2人組を作り、一人は仰向けで寝る。
もう一人は、寝てる人の首の後ろに腕をかけて、上体を起こす。

1度目、普通に起こす。
2度目、嫌いと思って起こす。
3度目、好きと思って起こす。

不思議な事に、嫌いと思うと相手の体は重く感じ、起こすのが大変です。
逆に、好きと思うと軽く感じ、簡単に起こせます。

人の心の在り方で、感じ方が変わる面白い実験でした。

二つ目の実験です。
一人が正座で座り、もう一人が肩を思いっきり押して、立てないように抑えつけます。

1.立つぞと考えて、立とうとします。
2.立つぞと決めて、その後は何も考えず、立とうとします。

2の方が、すんなりと起き上がれます。

1は、人為⇒考えてやる。
2は、無為⇒考えずにやる。

考えずにやると、凄い力が発揮できるそうです。

抑えてる側の気持ちとしても、2の時は、抑えきれないダメだと感じます。

二つ目の実験の前に、こんなお話もして下さいました。

人は、人生で、AかBかと選択肢に迷う場面があるかと思いますが、どちらも一長一短あるので、どちらに決めても良いじゃないか。
迷う事に、エネルギーを注いで、新たにやる事に、力を注げなくなる位だったら、どちらかに、スパッと決めた方が良い。

心に決めて、後は手放す、委ねる重要性。

ヨガをやっていると何をしても満たされ、する事が楽しくなる⇒プロセスが大事!

その後、チベットヨーガのアーサナ(ポーズ)を、少しやりました。
テンポが良い音楽に合わせて、けっこうアクロバティックな感じでした。

中島先生のお話で、『空』というキーワードのお話もして下さいましたが、難しくf^_^;)

今度、先生のスタジオで、体験レッスンを受けてくるので、その後、空について。レッスンについて。お話しますね。
                                                        ヨガ体験談 一覧へ戻る

Shanti とはヨガ シャンティ

このホームページのタイトルである
ヨガシャンティの「Shanti」とは
インドのサンスクリット語で平和や祈りを表す言葉です。